profile
smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
KEITH - Threes EP

artist : KEITH
title : Threes
catalog no. : BRE-28
price : 1,500yen
release date : 2009/1/17
日本盤CD
収録曲全5曲中3曲が新/未収録曲
KEITH 2nd アルバム - Vice and Virture

artist : KEITH
title : Vice and Virtue
catalog no. : BRC-213
price : 2,200yen
release date : 2008/12/17
日本盤CD
ボーナストラック収録 歌詞対訳/ ライナーノーツ田中宗一郎(SNOOZER)
KEITH デビュー・アルバム - Red Thread
artist : KEITH
title : Red Thread
catalog no. : BRC-156
(初回限定盤BRC-156LTD)
price : 2,500yen
(初回限定盤2,200yen)
release date : 2006/08/05
日本盤CD
KEITH - Hold That Gun EP, Hold That Gun EP - Remixes
"Hold That Gun EP"
artist : KEITH
title : Hold That Gun e.p
catalog no. : LUCKY100CD (LUCKY100S)
price : 840 yen(BEATINK通信販売価格、7inch:1155 yen)
release date : 2005/5/16
輸入盤CD/7inch
"Hold That Gun EP - Remixes"
artist : KEITH
title : Hold That Gun e.p- Remixies
catalog no. : LUCKY100T
price : 1,103 yen(BEATINK通信販売価格)
release date : 2005/8/29
輸入盤12inch
"Hold That Gun Remixes "
KEITH - Mona Lisa's Child, Mona Lisa's Child Remixes
"Mona Lisa's Child"
artist : KEITH
title : Mona Lisa's Child
catalog no. : LUCKY008CD (7inch:LUCKY008S)
price : 1,050 yen(BEATINK通信販売価格、7inch:840 yen)
release date : 2006/8/28
輸入盤CD/7inch
"Mona Lisa's Child Remixes"
artist : KEITH
title : Mona Lisa's Child Remixes
catalog no. : LUCKY008T
price : 1,103 yen(BEATINK通信販売価格)
release date : 2006/7/15
輸入盤12inch
sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

KEITH (キース)



「いろんなバンドは大げさでかっこつけた名前を考えるけどそんなの意味ないんだよ。僕らはただ、一番普通に聞こえる名前を考えようって思ったんだ。音楽から気を散らさないバンド名をね。一番大事なのは音楽だろ。どちらにしろ僕らが成功したらKEITHっていう名前は格好よくなるよ」

すでにNME誌のマンチェスター新人バンド特集にフィーチャーされ、各メディアから‘マンチェスター新世代’と呼ばれる彼等がマンチェスター大学で出会い、バンド『KEITH』を結成したのは2002年。
様々な音楽的バックグラウンド (クラシック/テクノ - Oli Bayston [v]、フォーク - Mark Nicholls [g/v]、テクノ/レゲエ - John Waddington [b]、ヒップホップ - Johnny Winbolt-Lewis [dr])を持つ4人だが、共通するのはストーン・ローゼスをはじめとするUKインディー・シーンだという。「幅広い音が悪いとは思わないんだ。むしろそれはいいことだと思うよ」KEITHの家、いや、4人でシェアしてる2軒の家のどちらかに行くと、ひどい二日酔いじゃない限り、音で歓迎される。彼等のステレオからはレイヴでのミックスみたいに、クラウト・ロック、ジャズ、アフロビート、ディープ・ハウス、ソウル、サイケデリック... 全てが流れ出てくる。ザ・スミスやストーン・ローゼスを引き合いに出される彼等の音楽だが、各々のジャンルの一部分を引き抜くのではなく、彼等は全てを飲み込んで、ポップな宝石を吐き出すのだ。

at 09:00, 『KEITH(キース)』, KEITH Profile

-, -